e0365211_23211022.jpg

↑大和を建造したドック。ちょっと低めのクレ―ンは当時からのもの?

すっかり呉の名物となった戦艦「大和」。大和ミュージアムを筆頭に大和に関係した場所の多くは観光スポットとなっています。今回大和ミュージアムは写真を撮らずじっくり見ていたので画像はほぼありませんが代わりに大和が建造された元呉海軍工厰のドック跡をアップします。

現在ドック自体は埋められており建造する機能は無くなっていますが大和の存在を隠すために建てられた囲いはほぼそのまま残されており当時の雰囲気を感じられます。高台から現役のドックを見られる場所でもあるので一見の価値のあるスポットです…

e0365211_23211192.jpg

e0365211_23211110.jpg

↑この高台にある大和の慰霊碑。

e0365211_23211163.jpg

↑大和ミュージアムの1/10大和。

2018年5月19日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-07-05 23:21 | 施設.建物

e0365211_22424720.jpg

潜水艦が間近で見られる事で有名な呉の「アレイからすこじま」。勿論海自の艦艇も目的でしたが個人的には公園の隅に残る魚雷搭載用クレ―ンが一番のお目当てでした!

e0365211_22424714.jpg

このクレ―ンは戦後も暫くの間使われていたお陰で残っているらしく今は稼働しませんが現存している事自体凄い事だと思います。今後も残ってほしい貴重な遺産の一つですね…

2018年5月20日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-07-02 22:42 | 施設.建物

e0365211_22202229.jpg

呉と広島の間にある「江田島」と「能美島」。かつて旧海軍の拠点の一つだったエリアで今も様々な名残が見られます。今回は能美島にある「軍艦利根資料館」を取り上げます。

ここは終戦間近に能美島の海岸付近(資料館の前辺り)で着底した重巡洋艦「利根」に関する展示品が見られる施設で建物こそ民家のような感じですが中々見ごたえある内容となっています。

ちなみに少し前まで利根資料館の管理は目の前にあった「能美ロッジ」で行われていたようですが閉館してしまったようで今は別の宿が引き継いでいるようです。解放時間も決まっているようなのでもし行かれる方は事前に調べておいた方が良いかもしれません。


e0365211_22202275.jpg

↑「利根」の精密模型。

e0365211_22202277.jpg

↑「利根」の浴槽。結構珍しいかも?

e0365211_22202234.jpg

↑これが旧能美ロッジ。

2018年5月20日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-06-24 22:20 | 施設.建物

e0365211_23194271.jpg

e0365211_23194243.jpg

↑41cm主砲身

かの有名な大和ミュージアムこと「呉市海事歴史科学館」。ここの屋外にも戦艦「陸奥」の引き揚げ品が展示されています。

展示品は主砲身、舵板、スクリュー、艦尾フェアリ―ダ―、主錨等で陸奥記念館に次いで多くの引き揚げ品が間近で見られます。どうしても大和ばかり取り上げられますが他の艦の名残が見られるのは良いですね…


e0365211_23194367.jpg

↑舵板

e0365211_23194320.jpg

↑艦尾フェアリ―ダ―

e0365211_23194328.jpg

↑41cm主砲身の説明板。結構作られたんですね…

2018年5月19日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-06-17 23:19 | 施設.建物

e0365211_2325783.jpg

3月に横須賀で見た41cm主砲身をアップした戦艦「陸奥」。今回は爆沈した柱島沖を望む周防大島にある「陸奥記念館」を取り上げます。

ここは引き上げられた船体の一部や遺品等が展示されている施設で周防大島の観光スポットの一つ。展示物も主砲こそありませんが中々興味深い物がありここまで行く価値はありそうです!(大畠から結構ありますが…)

e0365211_2325786.jpg

↑14cm副砲

e0365211_2325745.jpg

↑艦首部分

e0365211_2325722.jpg

↑スクリュー

e0365211_2325771.jpg

↑柱島方向を望む…

2018年5月19日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-06-10 23:25 | 施設.建物

e0365211_2336435.jpg

e0365211_23364374.jpg

鉄的には京急の終点というイメ―ジが強い浦賀。ここには2003年まで浦賀船渠(浦賀ドッグ)があり造船の街としても知られています。

浦賀船渠は「東の浦賀、西の藤永田」と呼ばれ駆逐艦を多く建造した造船所で閉鎖されたとは言え現存している事自体貴重な施設となっています。

世界に4ヶ所しか現存しないレンガ積みドライドッグ等歴史的にも貴重な遺産もあるので是非残していただきたいものですね…

e0365211_2336444.jpg


2018年3月28日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-05-07 23:36 | 施設.建物

e0365211_2241678.jpg

播但線寺前駅の裏側には良い感じの砂利工場(?)があり留置中の103系を絡めて撮影出来ます。

e0365211_2241671.jpg

この工場は一見廃墟のようにも見えますがベルトコンベアに砂利が乗っているのを見るとやっているような気も? 良く分かりませんが何か良い感じです(笑)


e0365211_2241633.jpg

↑オマケ。駅前もちょっと良い感じでした!あとは神姫のバスが来たら…

2018年3月24日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-04-22 22:41 | 施設.建物

e0365211_15204773.jpg

↑ひゅうがの横からヘロヘロと…

e0365211_1520477.jpg

↑錆び錆びのレ―ルが…

e0365211_15204796.jpg

↑分岐!

e0365211_15204727.jpg

↑右奥の方に中舞鶴線


北吸桟橋にも鉄的に気になる物が!軌間1067と思われるレ―ルが桟橋と平行する形で残っていました!恐らく中舞鶴線と繋がっていた物と思われ一部ながら分岐機も残っています。

ただ分岐からのカ―ブが異常な急曲線であることからトロッコが使われていたと思われます。現役当時はどんな感じだったのか気になりますね~

2017年12月23日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-01-29 15:20 | 施設.建物

e0365211_178599.jpg

↑レンガ建物の前にも…

e0365211_178532.jpg

↑こんなのも。


鉄の性かこういうものに目が行ってしまいます!トロッコ用レ―ルが残っている場所も少ないですからね…

2017年11月15日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-01-25 17:08 | 施設.建物

e0365211_9192470.jpg

e0365211_9192416.jpg

北吸トンネルを抜けて少し先にある旧海軍鎮守府のレンガ建物群。現在は一部はカフェ、お土産屋、イベントスペ―ス等に再利用されています。

明治~昭和20年頃にかけての建物も現存するのはそう多くないので舞鶴のような場所は貴重だと思います。これだけでも見る価値はありですね♪



e0365211_9192412.jpg

e0365211_9192462.jpg

e0365211_9192494.jpg

↑モノクロで撮ると良い感じ?

2017年11月15日撮影
[PR]
by db251db256 | 2018-01-24 09:19 | 施設.建物